2014年12月21日日曜日

クリスマス直前の週末、ショッピングモールに行ってみた

クリスマス直前の週末、ショッピングモールに行ったらサンタがいた。

子供連れの親たちが列を作って並んでたわ。やっぱ子供の思い出にサンタと写真を撮るっていうのが風習(?)みたいね。ちなみに、写真撮影は有料なんだよね。日本円で2000円とか3000円とか。結構取るよね。

 巨大クリスマスツリーも華やか。こっちって、クリスマスが終わってもお正月くらいまでツリーをそのままにしておくんだよね。日本では12月26日になったら即撤去で、門松に差し替えられるのにね。そういやー、門松ってここ10年くらい直に見てないかもー。

 そして今日ショッピングモールで気がついたことが、中国人観光客の多さ。

中年の家族連れもいれば、若いカップルみたいなのも沢山いて、とにかく数で圧倒。近くに巨大バスが横付けされてたから、ツアーで参加してる人たちなのかも。

日本にも秋葉原の家電量販店とかデパートに中国からの観光客達のバスが横付けされてショッピング三昧してるって聞くけど、やっぱアメリカにも来たかーって感じ。

先週はぜーんぜん出没してなかったのに、今週末になってどっと増えてるんだよね。なんでなんだろう?やっぱクリスマスの時期を狙って来るのかね?中国は旧暦だからお正月は2月とかで、西暦の12月って特にお祝いしないんじゃなかったっけ?

そうそう、去年のクリスマスにラスベガスに行ったときも、とにかく中国人の多さに圧倒されたのを思い出すわー。きっと今年もそうなんだろうなー。

中国人旅行者といえば、最近、飛行機のトラブルで世間を賑わせてるよね。離陸直前の機内で新鮮な空気を吸いたいからって非常口を開けた50代の中国人オッサンがいたとか、タイからの機内で飛行中にカップ麺の熱湯をフライトアッテンダントに掛けて騒いだとか。

あとつい最近ニュースでやってたのが、うるさい子供にイラついて中国人女性二人と子供の母親が殴り合いのケンカになったとか。

これがそのニュースの写真。ひょえー。形相がすごくね?ナッツリターン問題の大韓航空機副社長と張り合えるくらいじゃない?恐るべし中国人、、、。


前にも書いたけど、僕がアメリカの大学に通ってたときも、大陸出身の中国人ってヤバい人が多かったんだよねー。食事のマナーもそうだし、行儀が悪いことから始まり、とにかく自己中。しかもそれに自分では全然気がついてない「裸の王様」みたいな人が多かったわ。あれはやっぱり一人っ子政策でワガママに育てられたっていう弊害が多いと思う。

中国人には早く民度を上げてもらいたいよね。これだけ大人数で大挙してアメリカなんかに来られるとアジア人のイメージが悪くなるんじゃないかと心配、、、。しかも飛行機トラブルなんか引き起こされると特にね。

+++

 民族といえば、今日行ったショッピングモールで、スーパージュー(厳格な戒律に従ってるユダヤ教徒)がライブ演奏しながらダンスで盛り上がってた。もみあげの長いユダヤ人がこんなに巷ではしゃいでいるのを見るなんて初めて。


確か、ロサンゼルスってニューヨークに次いでユダヤ人が多いんじゃなかったっけ?ま、ロスには色んな人種が住んでるからロシア人も多いし、イラン人、タイ人、ベトナム人、韓国人などなどそれぞれのコミュニティーを作ってんだけどさ。

このユダヤ人達は「ハヌカ」っていうホリデーをお祝いしてるんだよね。9つのキャンドル(この写真の左側に映ってるの)に1日1個灯をともしていくというお祭り。それ以上のことは知らない、、、。

毎年春にある「パスオーバー」という祝日がユダヤ人にとって一番大切な日なんだけど、この年末の時期になると世界がクリスマスを盛大にお祝いするから、その近辺にある ハヌカも釣られて盛大になってるらしい、、、。

アフリカ系アメリカ人だと、「クワンザ」っていう祝日を作ってこの年末の時期にお祝いしてる。多民族国家だと、 やっぱ気軽に「メリークリスマス」ってお祝いできないんだよね。クリスマスは西洋人のものって考えがあるし、植民地時代のこととか奴隷制時代のこととか歴史的な背景が根深すぎて。

けど、「なんでうちにはクリスマスツリーがないの?」ってユダヤ人の子供が親に聞くのが「ユダヤ人あるある」だって聞いたことあるわ。子供は素直だよね〜。

とにかく、今週末のショッピングモールは外国人だらけでした。通り過ぎる人がほとんど(英語以外の)外国語を話してる人がほとんど。なんか「民族博覧会」に来た感じ。 色んな種族が見られて面白かったワ。

+++

でね、今日は全然買い物をする気はなかったんだよ。ショッピングモールがどうなってるかなーっていう軽い気持ちで行ったんだけど、やっぱセールをやってると買っちゃうよねー。

「店内全品50%オフ」とかやってると、じゃ、いつもの値段はどんだけボッタクッテルわけ?って思っちゃうけど、、、。

あと、ゲイ・カップルも3組は見かけた。しかも白人とアジア人のゲイ・カップルを2組も見つけたし。 でも手とかはつないでなかったんだよね。一組は両方20代くらいで一人がブロンド、もう一人が中国人っぽい人でした。二組目は60代(?)の白人と50代(?)のアジア人カップル。GAPで仲良くお買い物してた(笑)。若い白人同士のゲイ・カップルだけは互いに腰に手を回して体を密着させて街を闊歩してたけどねー。やっぱアジア人は「アメリカ人」になってもシャイなんだろうねー。

みなさんはクリスマスのこの時期、どんな週末(&休暇)を過ごしてます?

4 件のコメント:

Sakiyama Sean さんのコメント...

Andy@NYCです。

ニューヨーク近郊のアウトレットに行ったら同じようにいましたね、、わんさか。7割は中国人じゃないかってくらいでした。モールも中国語対応をしていて、相当なお得意さんのようですね。でも、ショップの中の椅子を占拠したり、試着後めちゃくちゃにして帰ったりと動物園状態。ロスなんて、西海岸で中国から近いのでもっと凄そうですね。

だけど、、最近中国人よりも恐ろしい人種を発見。ズバリ、子連れのアメリカ白人女。その既得権益というか、何をやっても許される的な横暴ぶりは中国人を上をいくような気がしています、、。

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

やっぱニューヨークも同じ状況なのね。ニューヨーク市って、既に中華系の人口が全体の1/10って数年前に読んだけど、移民は貧しくてチャイナタウンの外では見かけることが少ないからあんま威圧感がなかったのかもね。

一方、突然金持ちになって海外旅行に来る中国人はモールとかに突然大量に出没するから目につくんだろうね。

「子連れのアメリカ白人女」は確かに強敵。特に郊外に住んでるようなアッパミドルクラスの白人女性はアメリカ人の間でも評判が悪くて、「soccer mom」って一時期揶揄されてたよね。僕はなるべくそういう人たちには近づかないようにしてる、、、。触らぬ神に祟りなし、だね。

中畑優子 さんのコメント...

Tyさん返事を下さりありがとうございました。
ステューとは完全に切れちゃったんですね。

この、中国人観光客が大挙して買い物にやってくるという現象、アメリカでもおこっているんですねー。
中国人観光客のマナーが云々という話はよく聞きますが(私の住んでる街は観光地なので)、買い漁りも含めて、二十数年前に日本人が通った道だと思うので、あまり目くじらを立てることは出来ないと思うんですよね。
マナーの悪い人はどの国にもいると思うのですが、中国は人口が多いですから、あまり行儀の良くない人の絶対数も多くて、最近の経済成長と相まって悪目立ちしているだけなんだと思います。

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

そうね、また突然向こうから連絡が来ない限り、こっちから連絡取るつもりないな。今はフィルが頻繁に会ってくれるから彼一人で十分満たされてるし。やっぱ既婚者より若い独身男のほうがこっちの気分も全然ラク。よく4年間も頑張ったと思う。

+++

この投稿を書きながら、昔は日本人が同じ道を歩んだんだよなと僕も意識してました。なので「中国人には早く民度を上げてもらいたいよね」と書いたんだけどね。それだけじゃ伝わらなかったか。(´ x `;*)