2014年2月16日日曜日

行為の最中に甘噛みする男の深層心理とは? Psychoanalysis of biting your sexual partner

先月、フィルから久しぶりに連絡が来た。

予想通り、(撮影の)仕事で海外にずっと行ってたらしい。

「今度は南極とかに行ってたんじゃない?」と僕。

一昨年、ずっと連絡が取れなかったときは、イスラエルと南アフリカに行ってたというし、今回もまた秘境に行ってきたんじゃないかという僕の大方の予想は間違ってないと思う。

「いや、そこまで遠くはないけど、でも遠い場所だった」とフィル。

 長期海外出張から戻ってくると連絡をよこしてくるフィルって、マグロ漁船の漁師みたい。

今回、6ヶ月ぶりくらいに会ったら、ヒゲを相当生やしてた。まさにジャングルとか秘境の地に行って戻ってきましたという風貌。ワイルドさに磨きがかかって、それはそれでセクスィーなんだけど。


右手で彼のヒゲを触ってみると、ゴワゴワとした感触が手の中に広がる。けど毛が長いのでチクチク感はない。そのまま、右手で彼のヒゲを掴みながら、左手で彼のうなじをまさぐりつつキス。久々しぶりの感覚。

ひげ剃り後、半日たってチクチクするより、これくらいヒゲが生えてた方がいいね。このモジャモジャ感、好きだよ。

* * *

一通りの前戯が終わったところで、フィルが、

「僕の顔に座ってくれないか」

と頬を少し赤らめながらお願いしてきた。いつも大胆で臆することない彼でも、照れるってことがあるんだね。しかも、このプレー、初めてではないと思うんだけど?やっぱり久しぶりだったから?

彼の高い鼻がすこしジャマになったけど、居心地の良いポジションをみつけて後ろ向きに鎮座。彼の下半身はますます硬直化して隆起。

彼が窒息しないか心配になったのだけど、彼は埋もれたまま恍惚に浸って完全にトランス状態。

そんな姿勢で5、6分は座ってたかな。気分的には15分くらいそうしてた感覚なんだけど。

すると、彼が僕のオシリを軽く噛み始めた。痛くはなく、犬の甘噛み程度に。

 その後、体位を変えて挿入してきたとき、僕の乳首を舐めるのかと思いきや、噛み始めるフィル。今度はかなり痛い。キスも最初の甘い優しいキスではなく、キツメ。彼の興奮度合いが高まるごとに、噛む力も強くなってる。

「痛っ、痛っ」とついに音を上げる僕。

* * *

この晩、終わってみればヘトヘト。1時間くらいの間に、6ヶ月分の溜まりに溜まったものを全て発散したようなフィル。僕は長距離マラソンを一緒に走らされた気分。途中で、断然、向こうの方が体力があることが分かって、それでも後半も無理矢理走らされてゴール地点まで連れてこられたような、、、、。

「ほら、走って。まだ折り返し地点もまだだよ」 ってコーチの声が聞こえる、、、。

 「まだまだ、これくらい序の口!」。かなりスパルタなコーチ。


しかも、途中で甘噛みの連発。毛むくじゃらの彼の胸やヒゲと、所構わず噛み付いてくる所作が、まさに犬でしょ。大型犬と戯れてたら、向こうが興奮してきて甘噛みがどんどん強く本気になってきて、こっちは体中傷だらけという状態。


 
* * *

行為の最中に噛む行為って、その深層心理は何なんだろう?

インターネットでも、かなりの人(特に女性)が悩み相談してる。「彼が噛んでくるんですけど、痛いんです」っていうのが多いパターン。女性で男性を噛む人もいるみたいだけど、圧倒的に噛むのは男性が多いみたい(こことかここ)。

そんなお悩みに対して、一つの回答がこれ。

食感があるように、歯にも感覚器があり、強さによって快感を得ることができます。(出所

「噛む=快感」というのは正しいと思う。

もう一つの回答はこれ。
セックス中に噛む人は、男性にもいると思います。
フロイト…、だったかな?乳幼児期の乳首への
十分な満足感が欠落していたことが原因だ、とする
説は目にしたことがありますが、案外、爪を噛んだり
鉛筆を噛んだりする癖に通じる深層心理があるかも
知れませんね。(出所

やっぱりフロイトの精神分析でも出てくるのね。

 英語のサイトにも、フロイトの精神分析の一つとして「口唇期」(乳飲み子)の特徴に噛むという行為があることが説明されてる。
フロイトは、(口唇期の)子供が、吸い、噛むという行為をとるのは、それが性的な快楽を与えるからであると提唱している。(Freud proposed that children enjoy sucking and biting because it gives them a form of sexual pleasure) (出所

しかも、この噛むという行為は、口唇期後期(歯の生え始める頃の乳飲み子)によく見られるそうで、それは怒りの感情の表れだともある

ここで一見、矛盾しているように見えるのが、噛むことで快楽を得ながら、実は噛むことは怒りの発散でもあるということ。だけど、怒りの発散が性的快楽と表裏一体になっていると考えると、「噛む」という一つの行為で、同時に二つの目的を果たしていると考えられる。そうすると、噛むことって、S(サド)的行為ってことになるなー。

生まれて間もない乳飲み子が、その限られた自己表現の手段として、母親の胸という愛してやまない対象に対して、怒りをぶつけて噛むという、愛憎がないまぜになった感情。しかし、噛むことで伴う強烈な性的快楽が、大人になってからも深層心理に焼き付いている。それが、母親の胸を噛んで得られた性的快楽を求めて、大人になってからも、愛すべき対象を噛みたいという衝動になって現れるってことなのか。

つまり、フィルは、仕事でストレスを抱えているからなのか、それとも自分の同性愛的な性的指向に憎悪を抱いているからなのか、性行為を行うときにその怒りを発散したいという衝動に駆られるから噛む。そして、相手(男性の尻、乳首という自分が性愛を感じる対象)を噛むことで、また同時に幼児期と同じ性的興奮のフラッシュバックに耽溺しているということになるんだね。

* * *

それにしても、これまでフィルと行為をしても、噛まれるってことはなかったのに、今回、こんなにタガが外れたみたいに噛んできた理由はなんなんだろう。今までのフィルといえば、『タマが仁王』くらいしか特徴はなかったんだけど。



5 件のコメント:

hector さんのコメント...

すご…今回のポスト、結構切り込みましたね(笑 僕は甘噛みありだと思います。「ストレスからの解放」なるほど…わかるような気がします。僕はもし甘噛みされたら「甘えられている」そしてより「求められている」ように感じるかも。なんとなく相手が「弱さ」や「葛藤」を僕にさらけ出してくれているような気がして。たとえちょっと痛くても、sweet pain ってな感じですかね(使い方間違っている気がしますが(笑))

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

結構、切り込んでみたよ(笑)。下書き段階では、もっと細かな描写もあったんだけど、刺激が強すぎるかなと思って、これでも8割くらいカットしたり婉曲表現にしてるのだ。

自分が数年後に読んだときに、こんなこともあったなーって思えるための日記を目指して始めたブログなんだけど、どんどん読者が増えてきたので、ちょっと最近は控えめになっちゃってるんだよね。しかも高校生とかからコメントもらうこともあって、未成年には刺激が強すぎるかなーって自分で歯止めをかけちゃう。赤裸裸告白がいいのか、どっちがいいのか迷うところ。

ちなみに、hectorさんは噛まれるのOKなんだー。歯形とか青あざになっても?!僕は常に"No hurting!"ってお願いしてます。

hector さんのコメント...

少なくとも僕には刺激強過ぎです(笑 でも、赤裸々告白でお願いします、なんだかんだで僕を含め、読者が求めているのは非現実的なような現実を覗くことだったりするので。
好きな人の歯形とかなら全然いいかも。そりゃ、あまりに痛いのは嫌ですけど、本気で惚れちゃっている相手からのものなら大歓迎。

って、コメントしてて思うのが、僕のは全て理想論、ファンタジーと言う悲しい事実(笑

Jun UES さんのコメント...

こんばんは。
やっと時差ぼけから抜け出しました。ソウルも東京も楽しかったですが、結局ソウルでもゲイバーには行けず。いつも、ま、ええかっと思っちゃいます。今度こそぜひ。^^

わたくしも先週、「顔に座ってくれー」って言われました。奇遇ですね。(笑) でも噛まれたのではなく軽く叩かれました。。。。。ぼくそういうのキライ、、、噛まれるのも、叩かれるのも、どっちも幻滅してしまいます。もうちょっとワイルドになるべきなのかなー。他人の顔に座っただけでもう十分ワイルド?!^^

あ、ちなみに「オレの○液を味見してごらん!」って言われたらどうする?「無理!そんなん今までやったことないし」って言っちゃいましたが、、、、でも相手はボクのをゴクリと(←強制してない!)。。。別にそこに返礼をする必要は無いですよね。あくまで自分の好みで、、、もし将来、結婚して自分のハズバンドだとやってもいいかなーと感じやけど、自分はよーできひんわ。

ニューヨークはまだまだ寒いっす。
I am ready for summer!

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

Junさん、お帰りなさい。ニューヨークに戻って早々、他人の顔に鎮座?(笑)

相手のを「飲む」行為については、先週の「ルッキング」でも話題になってたんだけど、性病(HIVとか)の感染リスクが高くなるからしないほうがいい。せっかくコンドームつけてても、飲んで染されたらたまんないじゃない><

それでも、飲む人は飲むよねー。僕も「飲んでくれ」とか「校内写生」を求められたことがあるけど、別のプレーのほうがいいってやんわりお断りしてるもん。