2014年12月27日土曜日

大阪の外専ゲイバー情報

 クリスマス中に航空券を購入したみたいで、ブライアンからアジア旅行の日程の連絡が来た。

ソウル(4泊)、大阪(2泊)、札幌(3泊)になりそうとの報告。時期は1月〜2月にかけて。

そこで今度は大阪のゲイ情報について教えて欲しいと頼まれた。それくらい自分で調べろよーって思うんだけど、英語の情報が少ないのかね?

ちろっと日本語と英語で調べてみたら、色々出てくるけど、やっぱ情報が2004年とかすごい古くて最新のはネットにあまり出てないみたいね。

偶然みつけたこの掲示板がなんか赤裸裸で興味津々に読ませて頂きました。

大阪って


 大阪在住の外専の人たちが情報交換してる掲示板。10年以上前から放置されてて情報は古そうだけど、今もそんなに変わってなさそうな雰囲気、、、。

ここから得た情報をかいつまむと、

● 「キタ(堂山)と、ミナミ(難波)にゲイエリアが分散してる 」から二丁目みたいに1カ所に集まる所がなく不便(人が分散する)。

● 東京に比べて大阪は外国人が少ない(だから外専の日本人の間の競争が東京より激しい)。あと、あんまイケテナイ外人でもモテまくって勘違いしてる。

● 一方、外人なら簡単に股を開く「イエローキャブ」の日本人が多い。(でもこれは東京でも同じじゃね、、、?)
 
● 外人が集まるゲイバーは、VillageBacchus

 

 大阪在住12年の外人さん(の知り合い)が投稿してる情報(2004年6月時点)によると、外人が集まるゲイバーの情報はこんな感じ。VillageとBacchusは日本語情報とかぶってるね。

Butch: hardly worth the trouble, few customers these days. But Yuji is still cute and he can speak fair English, and he likes foreigners...(最近客足が遠のいてるとある、、、10年経った今でも営業してるんかいな?ユージさんっていうマスター(?)がカワイイとの情報。英語もまあまあで、彼もガイセンだそうな。)

Physique is quiet popular with tourists. All the gai-sen boys who have done everyone in Kansai go there to pick up fresh meat. Again, bartender Hideki is rumored to do more than serve drinks to some customers. The toilet is a disgrace, so go before you go! (観光客に人気だそう。関西の外人とやりまくったガイセン・ボーイたちがここに新たな獲物を求めてやってくるだって。へー。バーテンダーのヒデキさんは何人かの客にドリンク以外にもサービスしたとの噂。トイレが汚いから別の所ですませてから行くべし。)

Village, the largest gay bar in Japan. Well worth a trip, but first drink and some chocolate is 1000 yen, a bit pricy these days. (日本で最大規模のゲイバー。ホント?行く価値ありだけど、最初のドリンクとチョコで1000円と今時高い料金設定。)

Bacchus is a friendly neighborhood bar, the master grew up in Canada and is fluent, and the drinks are only 500 yen. A good place to start an evening or get your barrings, although a bit hard to find, a 3rd floor walk-up.(親しみやすい地元のバー。マスターはカナダ育ちだから英語が堪能。ドリンク500円。エレベーター無しの3階にあって見つけるのが難しい。)

La Pu is popular with the ladies, but guys go there too. Cozy, but sometimes too much Karaoke. (女性にも人気だけど男性も行く。こじんまりして落ち着く雰囲気だけどカラオケしすぎ。)

Frienz is new and owned by an insane Australian named Paul Sully. It should be avoided at all costs. Rumor has it that the bar attracts 14 year olds and rent boys with bad hair. Paul had to open his own bar, as he was banned from most other places in Osaka.(かなりいっちゃってるオーストラリア人のPaul Sullyって人が始めたお店。ここはどんなことがあっても避けるべき。だけど14歳のダサい髪型の売り専ボーイたちが来るという噂。Paulは大阪のほとんどの店から出禁をくらってるからしょうがなく自分の店を始めたとか。)



ついでにこんな情報も出てきた。

ゲイ外国人【外専】売り専出張ホスト バベル(ゲイガイコクジンガイセンウリセンシュッチョウホスト バベル)

外国人に興味のあるゲイ・ホモセクシャル【ガイ専/外専/ガイセン】のためのデートクラブです。ゲ イ外国人をあなたの元へ風俗出張します。サークルのようなゲイ外国人の集まりです。日本語の会話ができるスタッフのみなので安心して遊べます。自由出勤の ためお客様とのタイプが合えばデリバリーします。日本人スタッフが電話受付しています♪


嘘かほんとか分からないけど、ガイセン向けにゲイの外人ホストが「出張」するっていうデリバリーサービス。どんな人が働いてるんだろうー。働いてる人の顔だけ見てみたいわ。

 他に情報があったら教えて〜★

7 件のコメント:

Koji Funama さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
Tsuyoshi Smith さんのコメント...

大阪情報ありがとう!やっぱりスマホアプリのおかげでガイセンバー自体が存在意理由を失いつつあるのね。新宿2丁目とかもそうなのかなー。

「こてこての外専」だったのが「アジア人も余裕でいけるようになった」っていうところ興味津々で読ませてもらいました。その心境の変化ってどうやって起きたんだろ?

僕もカッコいいなって思うアジア人はいるけど、ほぼ100%の確率で相手にされないからガイセンを続けてるってのがあるなー。

結構、ライスクイーンの白人にも多いよね。同じ白人人種のイケメンがなびかないからアジア人(やヒスパニック、黒人)で自分の容姿よりランクの高い(もしくは若い)相手を追いかけてるっていうの。そこにパパ好きの(鶏ガラ)アジア人がモテる理由があったりするんだろうね(笑)。

永住権はカナダで?それともアメリカで?取れるといいよね。ただ僕も長年アメリカに住んで思うのは、日本文化に強い興味を持ってる外国人に出会うには、やっぱり日本が一番だってこと。

日本で知り合った外人と日本人の国際カップルのほうが、アメリカで会った国際カップル(片方がアジア人)よりバランスが取れてるなって思ったよ。

バンクーバーとか、香港系も多いしWest Endなんてアジア人好きが多そうだけど、そうでもないのかね?

Koji Funama さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
Tsuyoshi Smith さんのコメント...

えー生粋の外専の友達が残り一人?!希少種じゃーん。

これで思い出したのが、昔ブログで同じようなコメントくれた人がいたってこと。アメリカの外専日本人や白人好きアジア人の多くが、最終的にアジア人に戻ってくるって。

「疲れた」っていうのが一つ大きな理由にありそうだね。あと、アジア人を好きな白人の種類っていうのが思ったほど多くなくって限界が見えてくるっていうのもあると思う。

それと、Kojiさんの場合、タイとか日本とか豊かなアジア人ゲイ文化に触れる機会が多かったから白人社会で生きるアジア人が患う「アジア人コンプレックス」に罹らなかったっていうのも大きいと思うけどどうでしょう?

それはそれで、新しい自分を見つけたのはいいことだから、今の自分を信じて幸せを見つけて欲しいな。ずっと北米に留まることが偉いわけでは全然ないわけだし。自分が幸せを感じられる場所にいるのが一番。

バンクーバーには何度か旅行で行ったことあるんだけど、アジア人としてウェストエンドの暮らしはどうだった?

カナダ人はアメリカ人ともまた国民性が違うから、実際に暮らすとどうなんだろーと想像してます。市民の半分以上が海外生まれで超移民の街なんだよね?

Koji Foster さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
Tsuyoshi Smith さんのコメント...

Kojiさん、興味深いコメントをありがとう。かなり鋭い分析だねー。

アメリカも、出会い系サイトのプロフィール欄で散々人種の好みとかを書いておいて「これは僕のテーストであって差別的意味はありません」って断りを書く人は多いよ。

サンフランシスコに行ったときは特に、アジア人が多いってこともあって、白人で「no Asians(アジア人お断り)」ってあからさまに書いてる人が逆に多かったな。皮肉だよね。

バンクーバーもアジア人が多いから、アジア人に興味がない白人は、先手先手で「アジア人お断り」っていうのを書く人が多いのかもね。アルバータとかオクラホマとか、アジア人がほとんどいない地域だと、「アジア人お断り」なんて書く必要ないもんね。

「個人として選んだのがアジア人だった」っていうのはほぼありえないというのが僕の経験。そもそもcolor blind(どの人種もOK)っていう人だったら言えることだけど、そういうのってごく少数でしょ?僕が知る限りの白人とアジア人カップルでは、白人のカレシさんはもれなく最初からアジア人好きですわ。

女性にも多いんだよね、これを言う人。国際結婚した日本人女性で、「彼は、私を個人として選んでくれた」っていう人に何度も会ったことある。

彼女達が口を揃えて言うのが、「アジア人好きの白人男ってキモい」っていうの。ようは、自分が「アジア人女性」っていう枠にひとくくりにされて商品みたいに扱われるのが嫌ってことでしょ?それはゲイでも同じだよね。でもそんな聖人みたいな人いねーっつーのっていつも思う。だって自分だって白人男っていうくくりの中で萌えてるわけだし。同じ穴のムジナだよね。

「上辺的な傾向」は街が大きくなるほどその傾向が強まると思うな。NYとLAなんてその代表格。

お友達がバンクーバーよりLAの方が友達が作りやすかったという理由はなんでなんだろうね。LAで学校とか通ってた?だったら腑に落ちる。

ただ、LAといってもバンクーバーの何倍も広いからねー。大都会LAでたまたま自分と波長が一緒のグループを見つけただけなのかも?

基本的には大都会になるほど「上辺的な傾向」が強いんだと思う。そう考えると、深い友達とかを作りたかったら、ゲイが住んでるある程度の田舎っていうのがベストってことになるね。

例えばテキサスの田舎とかに行った方がアジア人との出会いが少ない白人カウボーイとかと出会えたりして、オイシイっちゃーオイシイ話。

これまで住んだり行ったことある街で、やっぱ人がギスギスしてるなーって一番思ったのがニューヨークね。ここでも親しい友人ができればその小さな輪の中でそれなりに楽しいゲイライフは送れると思うんだけど(SATCのキャリーみたいに)。

あと、意外とサンフランシスコの人たちが結構ギスギスしてんだよねー。NYと争うくらい。人のギスギス度合いは、家賃の高さと比例してると思われる。

バンクーバーのお隣シアトルとか、北欧系の移民が多くてイケメンが多いし、リベラルだから住みやすそうなイメージ(雨が多いけど)。アジア人も多いけど、需要はどうなんだろうね。

サンディエゴは意外とアジア人が少なくて白人とラティーノが多数派。昨年末行ったとき、海軍で働いてるような白人ジョック数人から声かけられたりして、いい街だなーって勝手に想像(笑)。

東海岸では首都のDCが中規模都市のわりにゲイ人口が多くて、ゲイ文化が咲いてると思ったよ。全米だけじゃなくって世界各国から人が集まるから、アジア人好きもある一定以上いるし。

トロントとか街もデカいし、カナダのゲイが集まってくる国際都市だから、アジア人の需要もありそうじゃない?トロント島にゲイ用ヌードビーチがあってかなり賑わってたよ〜。

モントリオールはまだ行ったことないんだけど、かなりゲイの街という話を聞くよね。日本人の女装家たちがモントリオールのゲイパレードに参加したテレビ番組もあったしね。

マイアミはラティーノが多すぎて、完全にawayでした、、、。ラティーノの間ではアジア人がある程度人気みたいで、キューバ人とか白人系ラティーノを狙いたい人には穴場かも?

本土とは離れるけど、ホノルルはまた特別な場所って感じ。アジア人好き白人率はダントツで高いんじゃないかな?日本人観光客がかなり多いし、半分アジア化してるところね。物価高さえ気にしなければ、アジア人に住みやすいアメリカであることは間違いないでしょう。

最終的に、北米の中で言うと、西海岸の街(やっぱLAかな〜)が自分には合ってるのかなー。アジア系が多いっていうのと、アジア系移民の歴史があるから完全にアメリカ人化してるアジア人が多くて社会にとけ込んでる。アジア人の顔してても英語が話せて当然って思われてるから、生活していて楽。特別扱いされないし。

あー、でもバンクバーで食べられるような本場の飲茶がないんだよねー。無性に食べたくなってきた〜。

Ori さんのコメント...

初めまして。

日本ゲイで大阪に住んでいますが、外専どころか白人が好きな日本ゲイすらほとんどいないですよ!!
自分は、今までかなりの数の日本に住んでる白人ゲイと会話してきましたが、見た目が悪いわけじゃないのに、みんな口を揃えて「本当にモテない」とか「アプローチはゼロ」と言いますよ。謙遜な感じはほとんどないです。聞いてもいないのに、日本人の男と会うのは難しいと言う人も何人か知ってます。日本側もシャイになってる空気はないですね。
でも、なぜか正直、不細工なアメリカ人ゲイに「日本人ゲイ男性にモテる」と言われた事があります(笑)多人種は珍しいので、好奇心で声かけられる=モテるって思っているんですかね・・・

自分はヨーロッパの人たちが大勢いるゲイサイトに登録しているのですが、ドイツとフランスの人たち(特にドイツ)によく声をかけられます。ドイツって人が多いし、日本人は珍しいみたいなので、カッコいい日本人だったら絶対にモテると思います。ドイツ在住の日本人のゲイの人と話した事があるんですが、同じ事を言っていました。