2015年7月5日日曜日

ゲイクルーズAtlantisのホームページ写真に友達が写ってた (^_^;)

またゲイ・クルーズのAtlantisからダイレクトメールが届いてた。今年こそはゲイ・クルーズにデビューしたいっ!って思いながら重い腰が上がらない。そんな僕の心を見透かすように、Atlantisって絶妙なタイミングでメールを送ってくる。

行きたいなーって思いつつ、ホームページに掲載された、楽しそうなゲイたちの戯れる写真を眺めてたら、知り合いが旦那と一緒にデカデカと写ってた。 (^_^;)



もちろんこの写真ではないよ。

けど、ホームページに掲載されてる写真の中に、僕の知り合いがデカデカと、結婚したばかりの夫と一緒に楽しそうに写ってるんだものー。こりゃーたまげた。



この知り合いっつーのが、ブライアンとの共通の知り合いなので、速攻でブライアンに写真とリンクをメールして報告したのは言うまでもなく、、、。

***

Atlantisのパンフレットとかホームページの写真って、モデルでも使ってるのかと思ったら、実際にゲイ・クルーズにやってきた客を写真に撮って使ってるのねぇー。撮られる方は無料でやってんのかね?それとも、いくらか見返りがあって、旅行中のアルコール代が全部タダになるとか?

ま、客の中でも見栄えのいいカップルやグループを選んで撮ってるんだろうけどさ。

 写真を見つけた時、うらやましすぎて地団駄ー!きっと新婚旅行とかで行ったのかなー。


今年もいろんなところにゲイ・クルーズは行くみたいなのだけど、一個、ロサンゼルス出発のメキシコ行きっつーのがあった。10月25日〜11月1日(7泊8日)だからメキシコに行くにはいい時期。ゲイ・タウンとして有名なプエルト・バヤルタってところが寄港地の一つになってる。



ほとんどの部屋がすでにソールドアウト。けど、まだいくつか残ってて、一番安い部屋で、一人 989ドル(約12万円)。7泊8日でこの料金は悪くないよね。しかも宿泊費、移動費、食費が全て込み。行こうかなぁ〜。でも、秋にはまたヨーロッパ旅行を計画しちゃってるのねぇ。使える有給休暇がないっていう話。有給貧乏なの〜><

でも、秋までに工面すれば、無理やり1週間の休み取れるくらいにはなるかもー。それか、来年度から有給を前借りとか。。。はたまた、1週間、病欠してみるとか?休み明けに日焼けしてたら一発でバレるっちゅーやつ(笑)。


あともう一つ、最大の問題は、誰と行くかって話よ。

クルーズって最低二人一部屋だから、誰と行くかでゲイ・クルーズのお楽しみが天国にもなるし地獄にもなるかも。ブライアンを誘ってみたけど、「腹筋が6つに割れるまでゲイ・クルーズには行けない」って、冗談なんだか本気なんだかわかんない返事。。。


あと、一部屋4人まで泊まれるから、3人を誘って1室共有すれば、かなり料金はお得になる。たぶん、一人700ドルとか800ドルくらいになるんじゃない?でも、5畳くらいの狭い部屋に4人で1週間を一緒にするって、よっぽど仲良くないとできないべ。

 それに、一人が船の上で他の旅行者とできちゃって、ヤりたいときに部屋を使うとかなってくると、また問題。(昔、ブライアンがニューヨークに住んでたとき訪問したら、まさにその展開だって、結局、ベッドから追い出されたワ。)


あと、ブライアンが言うように、ゲイ・クルーズに向けて筋トレしとかないとっていうのはあるね。貧相な体で乗り込んだら、それこそ憂鬱な1週間になりそう。なかにはデブ・ハゲ・フケの三重苦のおじさまたちも沢山、乗船されてると思うけどさ。

それにおしゃれな水着もいくつか持っていかないといけないし、仮装ナイトとか、正装ナイトとかあるから、衣装を揃えるのも結構大変そう。

 ゲイ・クルーズって、意外とハードル高いよなーって、いつも思うわー。普通の旅行のほうが、よっぽど気楽に行けるっちゅーねんっ。

 P.S. Atlantisの社長(白人)がアジア人好きっていう噂を聞く。だからなのか、写真に写ってる人たちに、アジア人と白人のカップルが多いよね。もうこれはいつか行くっきゃないでしょ。いつかゲイ・クルーズに行きたいって人、いる??


8 件のコメント:

Wing さんのコメント...

めちゃ行ってみたいです!!
でも日本に住んでる限りはそういうのはご縁なさそう‥‥
ブッさいアジア人みても萌えないし‥‥

Lの世界・the L woldを観ていたときにビアンクルーズというレズビアン限定のクルーズがあり、
とても羨ましく思ってたけど実際にそういう大規模なクルーズがあるですね笑

大人数で行ったほうが割安になるなら嬉しいけ、確かに仲が良い友達とかじゃないと四人部屋と無理w

絶対にクルーズ内でハッテンが起こってそうですもんね(*´∀`*)

Ryo さんのコメント...

tsuyoshiさん、前にHunting Season2についてコメントした者です。ご無沙汰です。
いきなりなんですけど8月に初海外でパリに行くことになって、そのあと一週間くらいヨーロッパのどこかに訪れようと思っているのですがオススメ(ゲイ的な意味で)ありますか?笑
shtuyoshiさんの前の記事でブリュッセルとアムステルダムは”入れ食い状態”って書かれてたのでその辺ですかね?笑

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

Wingさんへ、

レズビアンクルーズもあるよー。Oliviaっていう会社がやってる。ゲイクルーズは、このAtlantisの他にもいくつかあったような。

クルーズ内は、ほ・ん・と・にすごいことが起きてるらしい。じっさい行った人によると、普通に夜に寝て、昼間に活動するグループと、夜だけ起きてパーティー&おせっくす三昧の人と大きく二つに別れるんだって。

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

Ryoさんへ、

この夏初海外っすかー。おめでとうございます。パリは立地的に北にも南にも行きやすくって便利。ま、近くてゲイ文化を楽しむには、断然アムステルダムがオススメ。こじんまりした街だけど、運河が張り巡らされた街並みが雰囲気あっていいし、ゲイバーも多い。なにより、地元の人がアジア人にも親切。かつてインドネシアやフィリピンを植民地にしてたこともあって、アジア人移民もいる。あと、僕の個人的趣味で、背の高いイケメンが多いと思う。

ブリュッセルのゲイエリアはアムスより更にちっちゃいから、日数に限りがあるならスキップしてもいいと思うよ。ゲイバーも超少ない。ブリュッセル自体、オランダ人とフランス人が集まったような街だから。パリとアムステルダムを抑えればOKって感じ。あ、でもビール好きだったらブリュッセルはいいね。ご飯も美味しい。

初の西ヨーロッパでメジャーなところを押さえておきたいなら、パリとロンドンじゃない?腐ってもロンドン。英語が通じるし、ゲイ人口も多いし。アジア人好きが集まるゲイバーもあるし。

他には、やっぱ大都市ベルリンがとても発展していてヨーロッパ人の間でも一大観光地になってる。

南欧にも足を伸ばしてみたいなら、スペインだね。街並み、料理、人どれをとっても、パリやロンドン、アムスなんかとはぜんぜん違う雰囲気で楽しい。北ヨーロッパの人たちがバカンスに来るっていうのがよくわかる開放的な雰囲気。

スペインの中だと、マドリードがダントツでゲイ的。チュエッカっていう巨大ゲイエリアがあって、ハッテントイレが備え付けのゲイバーとかあるし卑猥なイベントをやってるところがたくさんあって、地球上で最もゲイな場所の一つ。

もう一つがバルセロナ。地中海に面していて、スペイン小皿料理のタパスでも有名。バルセロナから電車で1時間くらいのビーチ、Sitgesがゲイ・ビーチで有名。

あと、僕はまだ行ったことないけど、ギリシャのミコノス島が夏の間はゲイ・アイランドになってすごいらしい。いまギリシャ危機で旅行者のキャンセルが続いてるっていうから、意外と行くなら今年かも?と思う。ヌードビーチとかがハッテン場になってるって。行って「見る」だけでも興味あるなー(笑)。

ヨーロッパって、基本的に北側は勤勉で真面目、南側は開放的っていう文化的構図になってるから、その両方を見てみるのがいいかもね。あと、スペインに行っても、夏の間はイギリス人やフランス人、ドイツ人観光客がたくさん来てると思うわ。

徒然に書いてしまったけど、お役に立てそう?

Ryo さんのコメント...

Tsuyoshiさんへ
やっぱりアムステルダムですか。ずっと行きたいと思ってたしパリからも近いのでいいかも。
アジア人フレンドリーっていうのは初めて聞きました。ヨーロッパにしては?安全そうですね。

その感じだとブリュッセルは飛ばしてもよさそうですね。前のTsuyoshiさんの記事で見たんですけど、フランス寄りの人よりオランダ寄りの人にモテたんですよねw

ロンドンも考えてました。正しくはロンドンってよりブライトンです。ゲイに人気の場所だしビーチもあるしロンドンにも行ける範囲だしってことで。でも画像検索するとそんなに浜辺が綺麗じゃなさそうだし、なにより人が多すぎで。ブライトン次第でイギリス行くかどうかってところですね。

ベルリンも行きたかったんですけど、アムステルダム行っておけば今回はまあいいかなと。

やっぱりスペインですね。ゲイの友人(スペイン人も含め)はもれなくスペインオススメする人多いですね。行きたいけどパリとアムステルダム行くとなるとアクセスが不便かな。アムステルダムとマドリード&バルセロナどっちか切り捨てる必要があるかも。。

ミコノス島は夏とても綺麗でしょうね!(ヌーディストビーチ的な意味も含めて)
でもカップル&家族がたくさんいそうで一人旅ではちょっとアウェーになりそうかも?キャンセルもたくさん出てるみたいですね。観光地は割と安全だと思いますけど。

今のところパリのほか、アムステルダム、マドリード&バルセロナ、ロンドン&ブライトンが候補かな。観光客が多いのはむしろ友達作りやすいし、彼らも旅の開放感でデキ率が上がるかも!?笑

Tsuyoshiさんの経験した”入れ食い状態”がどんなものか見に行きたいですねw
と言ってもパリにいる間は気になっている人のところに泊まるんですけど。
だんだんだんだん予定がまとまってきたかなって感じです!ありがとうございます!

トミー さんのコメント...

ツヨシさんの以前の記事、「HBOのゲイドラマ・ルッキングの打ち切りニュース」を目にしてショックを隠しきれないトミーです。お久しぶりです。

そんなショックの中、ゲイクルーズの記事。
次回はゲイクルーズも良いかな?と思っていたところなので、とってタイムリーな内容。

でも、AtlantisのHPをみたら少し引いてしまう感があるのですが・・・

ツヨシさんやブライアンが言う様に、貧弱な体で参加すると楽しめないだろうし。
ましてや僕は年上ベアータイプが好きなので、HPに載っているような感じばかりだとちょっと違うかも。

自分の周りにゲイしか居ない状態で旅をするのって、開放的で楽しそうだな。リラックス出来そう。
と思っていたので、実際のクルーズではどんな感じなのか興味津々です。

モデルみたいな人ばかりが周りにいても、僕の場合は落ち着かない様な気がするので。
ツヨシさんがいつか実際に参加してみてからのレポート、楽しみにしています!

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

トミーさん、

ゲイ・クルーズは、やっぱ若いうちに一度行っとくべきじゃない?Atlantisの写真には写ってないけど、乗客の半分は老人だと思うんだよねー。そういう人はHPにも乗せてないんだと思うよ。

何年も前に、アメリカのテレビ番組でゲイ・クルーズに一人で参加する男性を追いかけるドキュメンタリーがあったのね。ニューヨークのグラフィックデザイナーっていう人だったんだけど、相部屋になったのがハゲ・デブ・老けの三重苦のオッサン。

でも、結局、その人はタキシード・ナイトで、シアトル出身のイケメンと出会って(彼も一人で参加してた)、結局、旅が終わってからシアトルにまで引っ越したっていうのが番組の「オチ」やったわ。結構、真剣な出会いを求めてゲイ・クルーズに一人で参加する人もいるんやーって衝撃だった。

なので、「恐れる前に飛べ」ってことでとりあえず乗り込んでみるのがいいんだと思う。

僕もタイミングさえあえば、いきなりふら〜っとゲイ・クルーズに行くと思うな。LA発のゲイ・クルーズが毎年あるから、必要なのはタイミング(と一緒に行ってくれる友達)だけ。さすがに一人で乗り込む気にはなれないっす、、、。

トミー さんのコメント...

やっぱり、乗客の半分くらいは老人ですかねー?僕が参加した事のあるクルーズ(普通の)は、定年後のカップルや家族連れが多かったので、なんとなくAtlantisの写真には違和感があったもので。でも、行き先によるのかな。

何年か前に見たというそのドキュメンタリー見てみたいな、面白そう。しかも、船の上がそんな出会いの場になっているとは。皆がホリデー気分だし、いろいろと成立する確立は上がるんでしょうね。

勇気をだして、とりあえず1度は経験してみようかな。