2014年4月9日水曜日

ブライアンが語るゲイ台湾旅行記

ブライアンが台湾からアメリカに戻ってきた。マイレージ使ってビジネス・クラスで行ってきたんだって。贅沢〜。

ソウルでは毎日メールを送ってきてたのに、台北に到着してから届いたメールは2通、、、、。

その理由を聞いてみたら、台北では出会いが沢山あって毎日が忙しかったのだそうな。ほー、羨ましいことで。

 「あー、もうしばらくは僧侶のような生活をしたい。台湾は、人生の中で一番slutty(淫乱)な時間だった、、、」って。

な、何があったの?と聞くと、やっぱりゲイ温泉に行ってきたんだって。教えてあげた川湯温泉ではなく、別のところだったんだけど、同じようにハッテンしてたらしい。とにかく手が色んなところから伸びてきたって(笑)。

あと、24歳の台湾人にしつこく付きまとわれて大変だったとも。

Grindrには英語が話せる台湾のガイセンが沢山いたらしいのだけど、この24歳の子はブライアンを滞在中、ずっと独り占めしたかったらしくゲンナリって。

台湾のガイセンの中には、とにかく白人と知り合いになってエッチしようとする痛い人も多々見られたみたいで、さすがのブライアンも引いたそうな、、、。自分がそうならないように気をつけないとね(汗)。

今回ソウルと台北、そして2011年に東京を旅したブライアン。この3都市の中で、台湾が一番ゲイがオープンでリラックスしてたというのが彼の感想。自分が一番ハッテンできたからじゃね?と突っ込み入れといたけど、風土的にそうなのかもね。やっぱ南国だから?

あと嬉しいのが、ブライアンが話した台湾人が、「台湾人が親切なのは、日本の植民地時代の影響があるからかもしんない」って話してたんだって。えー、そんなに親日なんだねー。

今日、ネットでこんなまとめサイトを見かけたし。今、日本国内で台湾がブームみたいね。

「行きたい国1位」日本にもカフェ進出中!いま台湾が熱い!


東京やソウルのゲイって、たぶん台湾に比べるとシャイなんじゃないかなって思う。そこが、外人のブライアンにとっては、ハッテンしにくいとか閉鎖的って映ったんじゃないかなぁ。

台湾人の友達(ノンケ)とかいるけど、やっぱどこか日本人とは違って積極的なところがあるよ。

僕が東京に住んでた頃、二丁目から自宅に帰ろうと丸井デパートの前辺りを歩いてたら、後ろからついてきた台湾人(中国人?)の男性に、「おーかえーりでーすかー?」って突然、声をかけられたのを思い出すわー。レレレのおじさんみたいなイントネーションで笑いそうになったw。でも積極的だよなーって。

 最後に、ブライアン曰く、

「だけどオレはアジアには住めない、、、」って。(^_^;)



本文と写真は無関係です。

4 件のコメント:

JapanSFO さんのコメント...

ブライアンさん台湾を満喫してきたようで何よりです!
川湯と皇池という2大ゲイ温泉があるみたいですぐ隣り合わせみたいですね~
僕たちもぜひ行ってきます!(笑)
うちは日本人と白人のカップルだからどういう反応があるのだろう?

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

改めて情報ありがとね〜。

そっか、カップルで温泉かぁ。僕だったら心配だなぁ、、、なんて。それだけお二人の信頼関係があるってことだよねー。いいなー。

台湾、楽しんできてくださいね〜☆

princessmia さんのコメント...

どうしてブライアンはアジアに住めないんですか?

Tsuyoshi Smith さんのコメント...

行間を読めばすぐに分かるよ。アメリカ人ってこういう言い方をよくするから。